やぶくみこ in 五領アートプロジェクト「はじまりの演奏会」

[みんなのためのからだ学・フィールドワーク編|五領アートプロジェクト]

ミニコンサート&おはなしリーディング
「はじまりの演奏会」

「五領アートプロジェクト」では、やぶくみこ さんといっしょに、音楽をつくって演奏を楽しむアートプロジェクトが始まります。今回は、音楽といっしょに宮沢賢治の「やまなし」のお話をたのしみましょう。
インドネシア・ジャワの楽器”グンデル”は青銅でできた鍵盤の楽器で、ふんわりと澄んだ音は空間に浮かんでとけていくような音がします。
ぽかぽか流れる、いい匂いのするというやまなしを思い浮かべながら、おたのしみください。

日時|
2018年5月2日(水)
1回目:13:30-14:30
2回目:15:30-16:30

場所|
たけのこ文庫[高槻市梶原1丁目5-13

出演|
インドネシア・ジャワの楽器”グンデル”演奏
やぶくみこ(音楽家・作曲家)

お話:宮沢賢治「やまなし」
岡崎義子(たけのこ文庫)

参加無料 *投げ銭歓迎

☆作品紹介 宮沢賢治・作「やまなし」について
『クラムボンはかぷかぷわらったよ。』
二匹のかにの子どもがかわす会話の不思議な響き・・・
谷川の水の底から描かれる、いのちの物語です。

やぶくみこ 音楽家/作曲家
1982年岸和田生まれ。京都在住。2010年英国ヨーク大学大学院修了(コミュニティミュージック)。ジャワガムランや様々な楽器を用いて、楽器の本来持つ響きや音色、演奏する空間を生かした音楽作品を作っている。ワークショップ参加者と共同で作曲した「きく、つかむ、はなつ」(2016)、箏とグンデル二重奏曲「ひとつのくちとみっつのみみ」(2016)他を発表。また多くの舞台芸術の音楽も手がける。京都を拠点に即興から音楽を作るガムラングループ ”スカルグンディス”主宰。ジャワガムランの持つ豊かな音色と楽器の持つ柔軟性を生かして、即興と作曲を軸とする音楽活動を展開。「待つ、ひらく、尊重する」をヒントに即興音楽を立ち上げ、新たなガムラン音楽と共同作曲の可能性を提示している。淡路島にて『瓦の音楽』を2014年より監修。どうぶつと音楽と昼寝が好き。
https://www.kumikoyabu.com/ 

岡崎義子 たけのこ文庫主宰
1978年、高槻市梶原にピッコロ保育園を開設。園長を経て現在、同法人理事。1995年、地域に『たけのこ文庫』をひらき、地元小学校でお話し会を続けるかたわら、保育者、保護者向けに、絵本・わらべうた・保育・食育などの講座や子育て支援活動を行なっている。その他、『わらべうたカード』(童心社)を企画出版、『子どもと食べる 食べると子ども』(エイデル研究所)編集協力、『絵本のある生活』を執筆。

五領アートプロジェクト
アーティストと共に地域を新たな視点で観察し、よく知り、20年、30年後を見据えた地域文化をつくっていくことを目ざして2017年にスタート。2017年度は深澤孝史「西国よしあし街道・蚤の市」と三原聡一郎「かじわらの触感地図をつくる」を実施。地域のさまざまな人や場所、歴史と出会いながら進めています。

[主査・お問合先]高槻井戸端ダンスプロジェクト実行委員会
Eメール:5ryoartproject[at]gmail.com

[助成]一般財団法人おおさか創造千島財団
[企画制作]内山幸子

深澤孝史 in 五領アートプロジェクト「西国-よしあし-街道・蚤の市」

深澤孝史 in 五領アートプロジェクト
「西国-よしあし-街道」

美術家の深澤孝史を招へいした五領アートプロジェクト「西国- よしあし- 街道」は、高槻市梶原を拠点に五領地区の人たちと出会い、さまざまな場所の歴史や暮らしの営みのリサーチしながら約4 ヶ月にわたって展開してきました。
五領地区は古くは西国街道や淀川を中心に栄え、今では名神高速道路、国道171 号線、JR東海道本線、阪急電車、東海道新幹線など東西を高速で行き来するたくさんの「道」があります。そして現在、高槻市では新たに新名神高速道路の建設が進められており、梶原に建つ一乗寺と鵜殿のヨシ原の上を通過する予定です。
本プロジェクトでは、上牧・鵜殿のヨシ(葦)を使って途絶えかけている葦簾を編み、西国街道に立ち止まるためのもう一つの「道」を作ります。プロジェクト公開の場となる蚤の市(フリーマーケット)では、地域の内外の人たちが集い、出会う場となることで、新たな地域文化の種が生まれることを期待しています。

アーティスト:深澤孝史
プロジェクト期間:2017 年10 月~2018 年1 月
プロジェクト拠点:旧後藤商店(高槻市梶原1-9-3)
Facebookページでは進行中のプロジェクトをレポートしています。

「西国-よしあし-街道・蚤の市」

高槻市梶原を 拠点に五領地区で展開するアートプロジェクトです。 地域の人たちと上牧・鵜殿のヨシ(葦)を使って葦簀を 編み、西国街道で立ち止まるためのもうひとつの 「道」をつくります。

日時|2018 年1月28日(日)10:00 ~16:00(第1部 10:00~13:00/第2部 13:00~16:00)
会場|一乗寺 境内(高槻市梶原2丁目9-12)GoogleMaps

入場無料

アクセス|
○ バスで

JR高槻駅南側⑥のりば(松坂屋前)/阪急高槻市駅北側⑥のりば(ダイコク薬局前)から市営バス34 系統・梶原東行き乗車(※ )、終点で下車。徒歩1 分。
※JR 高槻駅南発:9:20 / 10:08 / 10:00~16:00 の毎時52 分
※阪急高槻市駅からはJRの4 分後発。
<復路>梶原東発:10:37/ 11:00 ~16:00 の毎時35 分/ 16:28

○レンタサイクルで
JR高槻駅・阪急高槻市駅から約30分( 1 日100円)
阪急水無瀬駅から約20分( 1 日310円)※レンタル時に身分証明書が必要です

○ 駐車場あり(約30台)

 

<プログラム *1/15現在>
■パフォーマンス
篳篥独奏/中川英男
よしあし体操/高槻井戸端ダンスプロジェクト
よし笛演奏/中野寿子

■出店
青葉のパン屋[パン/島本]
あくび整体塾[小豆タオル、あくび体操/富田]
アートスペース通路[チェンマイ「子どもの家」制作雑貨/京都]
ガトー・ド・タロー[フランス菓子/梶原]
カフェ・ネネム[焼菓子/島本]
Cafe La vieしまもと[パウンドケーキ、野菜のスコーン/島本]
きらくとんぼの店[日用品/梶原]
coudrecoudre[藤カゴ/高槻]
こやまさんちのお台所[味噌、梅干、お茶、大根、ビスコッティ/原]
五領地区の方々[絵本と書籍、リサイクル品等/五領]
朔屋[幸せになる人形/島本]
しまもとのカエル~本の集まり・islandbooks ~[古本、レコードなど/島本]
手織り布の店[ウール100%の手織り布/昭和台]
中ノ畑窯[うつわ/中畑]
にほんちゃギャラリーおかむら[日本茶/島本]
ねこの帽子屋さん[手あみ毛糸の帽子いろいろ/千代田]
のはな[ライブドローイング、ワイヤーワーク、みどりの花束、オカリナ&CD等/山手]
ハッピーたけのこショップ[ミニ葦簀額縁& アート作品/梶原]
半熟目玉[ビー玉覗き/富田]
ふくら恵[粘土人形/京都]
前田文化[文化住宅解体工事の廃材や瓦礫など/茨木]
マチマチ書店[美術書/京都]
マヌケコーヒー[自家焙煎コーヒー/島本]
養生菓子処もちねこ[古代米入り餅のぜんざいと鴨雑煮/東住吉]
佳うつわ[手作りうつわ、小物/豊中]
よし笛サロン「鵜殿」[鵜殿よし笛/高槻・京都]
隆さん家[むかしの器/梶原]
よしあし似顔絵
よしあし竹楽器ワークショップ & 演奏
よしあしベーカリー[よしパンオブジェ作り体験/京都]

☆出店者は1/15まで募集しています。WEB申込フォームはこちら


深澤孝史 ふかさわ・たかふみ

美術家。1984 年山梨県生まれ、北海道在住。場や歴史、そこに関わる人の特性に着目し、他者と共にある方法を模索するプロジェクトを全国各地で展開。2008 年に鈴木一郎太とともにNPO 法人クリエイティブサポートレッツにて「たけし文化センター」を企画。最近の主な活動として、漂着神の伝説が数多く残る町で、漂着廃棄物を現代の漂着神として祀る神社を建立した《神話の続き》(2017、奥能登国際芸術祭)、埋もれた地域の歴史を現代に結びつけ直すことで、市民の主権と文化の獲得を目指す《常陸佐竹市》(2016、茨城県北芸術祭)、お金ではなく「とくいなこと」を預かり運用する《とくいの銀行》(2011-、取手アートプロジェクト他)等。http://fukasawatakafumi.net/

平成29年度芸術文化魅力育成プロジェクト「Osaka Creative Archipelago」
[主催]芸術文化魅力育成プロジェクト実行委員会(大阪府、大阪市)
[企画・運営]一般財団法人おおさか創造千島財団
[協力]一乗寺/旧後藤商店/たけのこ文庫/鵜殿ヨシ原研究所/旧安田邸/高槻井戸端ダンスプロジェクト実行委員会/地域の皆さま
[みんなのためのからだ学・フィールドワーク編企画]内山幸子
[蚤の市お問合せ先] yoshiashi.saigoku@gmail.com

☆芸術文化魅力育成プロジェクトについて
大阪アーツカウンシルからの提言を踏まえ、平成27年度から大阪府と大阪市が共同で、府内文化事業の活性化に向けて実施している事業です。今年度は、「Osaka Creative Archipelago(オオサカ・クリエイティブ・アーキペラゴ)-大阪府内に点在する多彩なクリエイティブ拠点をつなぐ試み-」として、平成29年10月から平成30年1月にかけて、大阪府内に点在する若手プロデューサーの活動拠点を中心に、大阪の芸術文化の魅力を発信する鑑賞プログラムと、今後の芸術文化を担う若手プロデューサーの育成やネットワークの構築につながる育成プログラムを実施します。
*Archipelago(アーキペラゴ)…多島海、群島、列島を意味する言葉
c-archipelago-osaka.jp

1/27(土) 触感博士が梶原にやって来る!

みんなのためのからだ学・フィールドワーク編
仲谷正史+三原聡一郎「かじわらの触感地図をつくる#4|冬」

【重要なお知らせ】
出演予定だったアーティスト・三原聡一郎さんがインフルエンザに罹ったため、出演中止とさせていただきます。
触覚研究者の仲谷正史さんには予定どおりご出演いただき、触感や触覚についてご紹介いただきます。
三原さんの回復具合では、ビデオ通話でご出演いただき、オンラインで触感伝導していただくかもしれません(未定)。
何卒ご了承いただきますようお願いいたします。

触覚って何だ?

 触覚は、視覚・聴覚・味覚・嗅覚とともに五感のひとつですが、触感はどういう仕組みで感じられているものなのか、実はまだよくわかっていません。目、耳、鼻、舌といった他の感覚部位を考えると、触覚はそれらも含んだ皮膚全体で感じられ、他の4つの感覚とも密接に関係しています。細やかに感じる為に目を閉じて触るしぐさ。辛かったカレーが冷たくなった時の味。自分の身体がしびれて触覚が麻痺した時のボリューム感。何気ない出来事にも触覚から考えると興味深い不思議がたくさんあります。

 本企画では、春・夏・秋に「触感」を通じて梶原で四季折々の自然を捉えるワークショップを行なってきたアーティストの三原聡一郎と共に、「触感普及活動テクタイル」の共同研究者である触覚研究者の仲谷正史さんをコラボレーターに迎え、近年特に注目を集めるこの分野の現状を基に、身近にある触感体験をまじえたトークを行ないます。

 意外と気づかないからだの不思議を通じてかじわらを触ってみませんか?触覚をもっと知ることで、この世界の触り心地をもっと楽しんでみましょう。

日時:2018年1月27日(土)14:00〜17:00
会場:たけのこ文庫(高槻市梶原1-5-13) GoogleMaps
*こどもから大人まで、地域の人たちがふれあいながら子どもの本に親しんでいる地域文庫。

参加無料/要申込
【申込方法】
○申込フォームはこちら
○メール申込
件名を「1/27トーク希望」とし、お名前/電話番号/参加 人数を明記してEメールで<karadagaku[at]gmail.com> までお送りください

アクセス:
○バスで| JR 高槻駅南側6 番のりば(松坂屋前)/阪急高槻市駅北側6 番のりば(ダイコク薬局前)から市営バス34 系統・梶原東行きに乗車。「梶原」バス停下車、徒歩1 分。


○レンタサイクルで|
JR 高槻駅・阪急高槻市駅から約30分( 1日100 円)
阪急水無瀬駅から約20 分( 1日310 円)※レンタル時に身分証明書が必要です。

 

三原 聡一郎 みはら・そういちろう/アーティスト
1980 年生まれ。京都府八幡市在住。情報科学芸術大学院大学卒業。音、泡、放射線、虹、微生物、苔など多様なメディアを用い、世界に対して開かれたシステムを芸術として提示している。山口情報芸術センター[YCAM] 在職中から、未来の芸術への可能性としての触覚に注目し「触感普及活動テクタイル」でも活動中。『触楽入門』(朝日出版社)共著者。2017年度はブラジルのアマゾン、フィンランドの北極圏、韓国の鉄腹にてアーティスト・イン・レジデンスに参加した。http://www.mhrs.jp/

 

仲谷 正史 なかたに・まさし/触覚研究者
1979年生まれ。島根県出身。2008年、東京大学大学院情報理工学系研究科博士課程修了。民間化粧品会社において触感評価技術の開発に関わったのち、アメリカ・コロンビア大学にてメルケル細胞の生理学研究に従事。現在、慶應義塾大学環境情報学部准教授。JSTさきがけ研究者。教務・学務の傍ら、2007年に立ち上げた「テクタイル」の活動を通じ、触感デザインの普及にも携わる。テクタイル名義の共著書に『触楽入門』(朝日出版社)と『触感をつくる――《テクタイル》という考え方』(岩波科学ライブラリー)がある。http://www.merkel.jp/

 

平成29年度芸術文化魅力育成プロジェクト「Osaka Creative Archipelago」
[主催]芸術文化魅力育成プロジェクト実行委員会(大阪府、大阪市)
[企画・運営]一般財団法人おおさか創造千島財団
[協力]たけのこ文庫、旧安田邸、高槻井戸端ダンスプロジェクト実行委員会 [みんなのためのからだ学・フィールドワーク編企画]内山幸子
[お問合先]karadagaku@gmail.com(みんなのためのからだ学)

☆芸術文化魅力育成プロジェクトについて
大阪アーツカウンシルからの提言を踏まえ、平成27年度から大阪府と大阪市が共同で、府内文化事業の活性化に向けて実施している事業です。今年度は、「Osaka Creative Archipelago(オオサカ・クリエイティブ・
アーキペラゴ)-大阪府内に点在する多彩なクリエイティブ拠点をつなぐ試み-」として、平成29年10月から平成30年1月にかけて、大阪府内に点在する若手プロデューサーの活動拠点を中心に、大阪の芸術文化の魅力を発信する鑑賞プログラムと、今後の芸術文化を担う若手プロデューサーの育成やネットワークの構築につながる育成プログラムを実施します。
*Archipelago(アーキペラゴ)…多島海、群島、列島を意味する言葉
c-archipelago-osaka.jp

 

五領アートプロジェクト 「西国-よしあし- 街道 蚤の市」出店者大募集!

五領アートプロジェクト(梶原アートプロジェクトから改名しました)

「西国-よしあし- 街道 蚤の市」出店者大募集!高槻市梶原の周辺地域には、西国街道、名神高速道路、JR東海道本線、阪急電車、東海道新幹線、国道171号線、淀川と、周辺には東西を行き来するたくさんの「道」があります。
「西国-よしあし-街道」は、美術家の深澤孝史さんと”鵜殿のヨシ(あし)”を使って、途絶えかけている葦簀(よしず)を編み、西国街道に立ちどまるためのもう一つの道を作っていくアートプロジェクトです。この道を使って、みなさんで蚤の市(フリーマーケット)を開いてみませんか?蚤の市開催概要
開催日時:2018年1月28日[日曜日]第1部 10:00-13:00/第2部 13:00-16:00
会場: 一乗寺 高槻市梶原2-9-12蚤の市の出店者、大募集!
地域でつくった野菜、手づくり品、ご家庭の古物、掘り出し物、各種パフォーマンス(似顔絵、演奏、紙しばい)等々、蚤の市で出品・出場してみませんか?

【申込方法】
裏面の出店要項等をお読みいただき、出店申込書にご記入の上、メールかFAXでお送りください。公式ラインまたはFacebookページから、WEBフォームでもお申込みいただけます。

【申込・問合先】 西国よしあし街道実行委員会
Tel:070-5346-4605(内山)
Fax:06-7632-4023
メール:yoshiashi.saigoku[at]gmail.com

・WEB申込フォーム https://goo.gl/forms/W0TnzsBox8z2PM2F2

葦簀編みや作品づくりもします!
鵜殿のヨシを使って、「道」に見立てた長~い葦簀(25mの葦簀を2本編みます)や、深澤さんと西国よしあし街道グッズ(地域の材料でつくる雑貨やオブジェ等)を作っていきます。

・作業期間 12/21~29、1/12~26 *月曜を除くほぼ毎日/詳しくはお問合せください
・作業場所 旧後藤商店 高槻市梶原1-9-3/たけのこ文庫向かい

アーティスト
深澤 孝史 ふかさわたかふみ 美術家。1984年山梨県生まれ/北海道在住。
場や歴史、そこに関わる人の特性に着目し、他者と共にある方法を模索するプロジェクトを全国各地で展開。2008年に鈴木一郎太とともにNPO法人クリエイティブサポートレッツにて「たけし文化センター」を企画。最近の主な活動として、漂着神の伝説が数多く残る町で、漂着廃棄物を現代の漂着神として祀る神社を建立した《神話の続き》(2017、奥能登国際芸術祭)、埋もれた地域の歴史を現代に結びつけ直すことで、市民の主権と文化の獲得を目指す《常陸佐竹市》(2016、茨城県北芸術祭)、お金ではなく「とくいなこと」を預かり運用する《とくいの銀行》(2011-、取手アートプロジェクト他)等。

平成29年度芸術文化魅力育成プロジェクト「Osaka Creative Archipelago」
主催:芸術文化魅力育成プロジェクト実行委員会(構成:大阪府、大阪市)
企画・運営:一般財団法人おおさか創造千島財団
梶原アートプロジェクト企画:内山幸子(高槻井戸端ダンスプロジェクトメンバー)

*「芸術文化魅力育成プロジェクト」とは
大阪アーツカウンシルからの提言を踏まえ、平成27年度から大阪府と大阪市が共同で、府内文化事業の活性化に向けて実施している事業です。 今年度は、「Osaka Creative Archipelago(オオサカ・クリエイティブ・アーキペラゴ)- 大阪府内に点在する多彩なクリエイティブ拠点をつなぐ試み-」として、平成29年10月から平成30年1月にかけて、大阪府内に点在する若手プロデューサーの活動拠点を中心に、大阪の芸術文化の魅力を発信する鑑賞プログラムと、今後の芸術文化を担う若手プロデューサーの育成やネットワークの構築につながる育成プログラムを実施します。

高槻井戸端ダンスプロジェクトについて

高槻在住の振付家、ダンサー、デザイナーらが集まり、2010年に立ち上げ。人が集まり出会い、あれこれ話ができるような地域の井戸端を作りたいとワークショップ『みんなのためのからだ学』をスタート。メンバーを増やしながら、ゆるやかなコミュニティの在り方を探っている。そのほか、これまで「からだ学」の参加者有志と 2つのパフォーマンス作品『贋作あたま山』(アートデアート・ビュー.高槻./ 2014)『聞こえない音』(茨木市市民総合センター/ 2015)を創作・上演しました。

みんなのためのからだ学

みんなのためのからだ学』では、ユニークな切り口で「からだとの出会い」を提案し、講師が持ち寄るネタをもとに、身体にまつわる語る・聴く・読むを体験するワークショップシリーズを展開しています。生き物としてのからだや自然や日々の暮しや社会とのつながりの中にある自分の「からだ」を取り戻し、からだから学び、からだで考えます。