1/27(土) 触感博士が梶原にやって来る!

みんなのためのからだ学・フィールドワーク編
仲谷正史+三原聡一郎「かじわらの触感地図をつくる#4|冬」

【重要なお知らせ】
出演予定だったアーティスト・三原聡一郎さんがインフルエンザに罹ったため、出演中止とさせていただきます。
触覚研究者の仲谷正史さんには予定どおりご出演いただき、触感や触覚についてご紹介いただきます。
三原さんの回復具合では、ビデオ通話でご出演いただき、オンラインで触感伝導していただくかもしれません(未定)。
何卒ご了承いただきますようお願いいたします。

触覚って何だ?

 触覚は、視覚・聴覚・味覚・嗅覚とともに五感のひとつですが、触感はどういう仕組みで感じられているものなのか、実はまだよくわかっていません。目、耳、鼻、舌といった他の感覚部位を考えると、触覚はそれらも含んだ皮膚全体で感じられ、他の4つの感覚とも密接に関係しています。細やかに感じる為に目を閉じて触るしぐさ。辛かったカレーが冷たくなった時の味。自分の身体がしびれて触覚が麻痺した時のボリューム感。何気ない出来事にも触覚から考えると興味深い不思議がたくさんあります。

 本企画では、春・夏・秋に「触感」を通じて梶原で四季折々の自然を捉えるワークショップを行なってきたアーティストの三原聡一郎と共に、「触感普及活動テクタイル」の共同研究者である触覚研究者の仲谷正史さんをコラボレーターに迎え、近年特に注目を集めるこの分野の現状を基に、身近にある触感体験をまじえたトークを行ないます。

 意外と気づかないからだの不思議を通じてかじわらを触ってみませんか?触覚をもっと知ることで、この世界の触り心地をもっと楽しんでみましょう。

日時:2018年1月27日(土)14:00〜17:00
会場:たけのこ文庫(高槻市梶原1-5-13) GoogleMaps
*こどもから大人まで、地域の人たちがふれあいながら子どもの本に親しんでいる地域文庫。

参加無料/要申込
【申込方法】
○申込フォームはこちら
○メール申込
件名を「1/27トーク希望」とし、お名前/電話番号/参加 人数を明記してEメールで<karadagaku[at]gmail.com> までお送りください

アクセス:
○バスで| JR 高槻駅南側6 番のりば(松坂屋前)/阪急高槻市駅北側6 番のりば(ダイコク薬局前)から市営バス34 系統・梶原東行きに乗車。「梶原」バス停下車、徒歩1 分。


○レンタサイクルで|
JR 高槻駅・阪急高槻市駅から約30分( 1日100 円)
阪急水無瀬駅から約20 分( 1日310 円)※レンタル時に身分証明書が必要です。

 

三原 聡一郎 みはら・そういちろう/アーティスト
1980 年生まれ。京都府八幡市在住。情報科学芸術大学院大学卒業。音、泡、放射線、虹、微生物、苔など多様なメディアを用い、世界に対して開かれたシステムを芸術として提示している。山口情報芸術センター[YCAM] 在職中から、未来の芸術への可能性としての触覚に注目し「触感普及活動テクタイル」でも活動中。『触楽入門』(朝日出版社)共著者。2017年度はブラジルのアマゾン、フィンランドの北極圏、韓国の鉄腹にてアーティスト・イン・レジデンスに参加した。http://www.mhrs.jp/

 

仲谷 正史 なかたに・まさし/触覚研究者
1979年生まれ。島根県出身。2008年、東京大学大学院情報理工学系研究科博士課程修了。民間化粧品会社において触感評価技術の開発に関わったのち、アメリカ・コロンビア大学にてメルケル細胞の生理学研究に従事。現在、慶應義塾大学環境情報学部准教授。JSTさきがけ研究者。教務・学務の傍ら、2007年に立ち上げた「テクタイル」の活動を通じ、触感デザインの普及にも携わる。テクタイル名義の共著書に『触楽入門』(朝日出版社)と『触感をつくる――《テクタイル》という考え方』(岩波科学ライブラリー)がある。http://www.merkel.jp/

 

平成29年度芸術文化魅力育成プロジェクト「Osaka Creative Archipelago」
[主催]芸術文化魅力育成プロジェクト実行委員会(大阪府、大阪市)
[企画・運営]一般財団法人おおさか創造千島財団
[協力]たけのこ文庫、旧安田邸、高槻井戸端ダンスプロジェクト実行委員会 [みんなのためのからだ学・フィールドワーク編企画]内山幸子
[お問合先]karadagaku@gmail.com(みんなのためのからだ学)

☆芸術文化魅力育成プロジェクトについて
大阪アーツカウンシルからの提言を踏まえ、平成27年度から大阪府と大阪市が共同で、府内文化事業の活性化に向けて実施している事業です。今年度は、「Osaka Creative Archipelago(オオサカ・クリエイティブ・
アーキペラゴ)-大阪府内に点在する多彩なクリエイティブ拠点をつなぐ試み-」として、平成29年10月から平成30年1月にかけて、大阪府内に点在する若手プロデューサーの活動拠点を中心に、大阪の芸術文化の魅力を発信する鑑賞プログラムと、今後の芸術文化を担う若手プロデューサーの育成やネットワークの構築につながる育成プログラムを実施します。
*Archipelago(アーキペラゴ)…多島海、群島、列島を意味する言葉
c-archipelago-osaka.jp

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です