「かじわらの触感地図をつくる#2|夏」
みんなのためのからだ学・フィールドワーク編

「触感普及活動テクタイル」メンバーとしても活動中のアーティスト・三原聡一郎さんといっしょに、目のまえの風景に触って、1年を通じて「触る地図」をつくります。

夏のテーマは「触る×オノマトペ」。(オノマトペ=擬音語、擬態語、擬声語のこと)

四季折々で変化する、旧安田邸のお庭のいろいろなものに触って、オノマトペを使って地図上に表現します。触れないものをどうやって触るかはみんなで悩みましょう!
春夏秋冬の合計4回開催するワークショップですが、1回のみの参加も歓迎です。ふるってご参加ください。


■日 時|2017年7月15日(土)13:00-16:00
*雨天決行。暴風雨等の場合は当日9時に実施するか判断します。

■場 所|古民家 旧安田邸
*高槻市梶原/田中寺の西隣り(申込みいただいた方に詳しい場所をご案内します)

■アクセス
○阪急高槻市またはJR高槻駅より市営バス・梶原東行きに乗車、「梶原」バス停下車徒歩3分(時刻表・バス停検索
○駅前にレンタサイクルもあり(1日100円)

■持ち物|
・日よけ帽子
・動きやすい靴(サンダルなど肌が露出しないもの)
・好きな触感のもの(1つ)
※その他、近所にコンビニ等はありませんので適宜おやつなどお持ちください。(自販機はあります)

■定 員|15名程度(申込順)

■参加費|500円

【お申込み・お問合先 】 Eメール karadagaku☆gmail.com(☆→@)
参加人数・氏名・年齢・連絡先(TEL、Eメール)をお知らせください。

 

☆ゲスト・アーティスト☆
三原 聡一郎 みはら・そういちろう
1980年東京生まれ。2006年情報科学芸術大学院大学卒業。音、泡、放射線、虹、微生物、苔など多様なメディアを用いて、世界に対して開かれたシステムを芸術として提示している。2011年よりテクノロジーと社会の関係性を考察するために空白をテーマにしたプロジェクトを国内外で展開中。その他、音楽家の大友良英、美術家の毛利悠子、電子楽器製作者の斉田一樹らと作品を 共同制作するなど、他分野とのコラボレーションにも取り組み、山口情報芸術センター在職時に未来の芸術への可能性として触覚に注目し 「触感普及活動テクタイル」でも活動中。著書に「触楽入門」(共著:仲谷 正史, 筧 康明, 三原 聡一郎, 南澤 孝太)がある。

☆古民家 旧安田邸
京都から西国へと至る、江戸時代の重要な幹線道路「西国街道」ぞいに位置する高槻市梶原の古民家。梶原近辺ではかつて「梶原寺」を中心とした地域コミュニティが形成されていたそうです。旧安田邸は日本画家であった安田清さんの邸宅で、四季折々の自然が楽しめる素敵なお庭があります。


主催:高槻井戸端ダンスプロジェクト実行委員会
助成:一般財団法人おおさか創造千島財団
協力:旧安田邸の皆さま
企画:内山幸子