「みんなのためのからだ学」2016年度後期

後期のからだ学では、新たに佐久間新さんのワークショップを実施します。
アレクサンダー・テクニークでは、前期につづき應典院副住職の秋田光軌さんもゲストにお招きします。

 

「みんなのためのからだ学」2016年度後期

10月22日(土)、11月26日(土)、12月4日(日) ※全3日間・合計4回
@高槻現代劇場

■「アレクサンダー・テクニーク&てつがくカフェ」
10月22日(土)13:30-17:00
講 師:納谷衣美
ゲスト:秋田光軌(浄土宗大蓮寺副住職)
会 場:303号(和室)
対 象:中学生以上
前期に引き続き「私と声」がテーマ。「南無阿弥陀仏」と声に出すことに重きを置く浄土宗の念仏を唱えることからはじめ、次にアレクサンダー・テクニークを使って自分の声を身体で体感します。最後に経験したことをことばにして声との関わりについて皆で考えます。

■「呼吸ダンス」
11月26日(土)13:30-16:30
講 師:伴戸千雅子
会 場:205号
対 象:どなたでも(中学生以上)
リラックスしている時、緊張している時、呼吸も違うし身体の柔軟さも変わるような気がしませんか。ヨガやダンスでは、動きに呼吸を合わせたり、さらにそこにイメージを加えることで動き方の質が変わってくる感じがします。呼吸と動き。よく使われるイメージの言葉をみなさんと一緒に考察し、呼吸を使ったダンスを作ってみたいと思います。

■「踊り出すからだ作り」
12月4日(日)13:30-15:00
講 師:佐久間新
会 場:205号
対 象:どなたでも(親子参加も可)
ああ風が気持ちいいなあと、ゆっくり空気を吸い込む。雨に濡れた 木肌に指を伸ばす。洗い立てのシャツの袖に腕を通す。喜ぶからだにまかせてみれば踊りははじまっている。だけど・・・。あたり前の動きをしみじみやってみるところから。

■「千年前の踊りをおどってみる 2」
12月4日(日)15:15-16:45
講 師:川崎歩
会 場:205号
対 象:どなたでも(親子参加も可)
今に伝わる千年前の踊りをおどってみたいと思います。様々な視点から時間を遡ることを試行します。エクササイズのように楽しめるワークショップですので、しっかり汗をかいて頭も身体も筋肉痛になりましょう!


参加費|5,000円(全4回通し)/1,500円(1回)
定 員|20 名(申込制・先着順)
* 申込が定員を超えた場合、通し参加の方を優先させていただきますのでご了承ください。

【申込・問合先】
高槻井戸端ダンスプロジェクト(担当:内山)
E-mail karadagaku☆(☆→@)gmail.com
※お名前、TEL、年齢を明記の上、下記のメールアドレスに送信いただくか、お電話にてお申込みください。